jus: 勉強会開催のお知らせ

2010年11月8日 in 関係団体からのお知らせ

日本UNIXユーザ会様より、勉強会開催のお知らせを頂きましたのでご案内致します。

以下ご案内

======================================================================
勉強会開催のお知らせ
======================================================================

日本UNIXユーザ会(jus)では、「勉強会」を開催します。毎回、テーマや講
師を変えながら、初心者がつまずき易いアプリケーション、ちょっと面白い
UNIX 関連技術、知っていると便利なコマンド、中級者になるための一歩など、
さまざまな話題を取り上げます。

参加申込みは、Webで受け付けます。事前に申込みいただかなくても、当日直
接会場にお越しくだされば受講できますが、万一満員となった場合は、事前申
込みされた方を優先させていただきます。また、領収証がご入用な方は、なる
べく事前申込みしてくださるようにお願いします。参加費は、事前申込みの有
無にかかわらず、当日現金でお願いします。

◇◆今後の予定◇◆

☆ 2010年12月勉強会「ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツール Sphinx」

講師: 渋川よしき、山口能迪、清水川貴之
所属:Sphinx-users.jp
日時: 2010年12月3日(金) 18:30-20:30 (受付開始 18:10)
会場: すみだ産業会館第一会議室
(会場へのアクセスは下をご覧ください)
定員: 40名(事前申込定員30名)
参加費: jus会員:      1,000円
協力団体会員: 2,000円 (対象団体: Sphinx-users.jp, JLA, IAjapan, JPNIC)
一般:         3,000円
一般学生:     1,000円
jus学生会員:  無料
高校生以下:   無料
※jus会員の確認は会員証でおこないますので、必ず持参してください。
※協力団体の方も会員であることを証明するもの、または協力団体で
告知されたメールを印刷したものをご持参ください。
※学生、高校生の方も学生であることを証明するものをご持参ください。

事前申込URL: http://www.jus.or.jp/reserve/
事前申込締切: 2010年11月30日(火)

内容:
システム開発や運用現場にドキュメントはつきものです。 しかし、作り方が
わからない、作る時間が取れないなど悩みは尽きません。
本勉強会では、ドキュメントを作成したくなってしまう魔法のツール「Sphinx」
をご紹介します。

「Sphinx」は、Wikiに似たマークアップによる効率良い記述と、HTML, ePub,
PDFなど多くのフォーマットによる出力が可能なオープンソースのドキュメン
トツールです。 サイトの構築や電子書籍の作成、仕事の納品物の作成はもち
ろん、作りっぱなしではなく、コードや業務と一体になって共に成長するドキュ
メント作成のプロセスをサポートしてくれます。 実は今年出版された
「つまみぐい勉強法」「エキスパートPythonプログラミング」の執筆でも
使用されています。

このドキュメント作成を楽しくしてくれるツール「Sphinx」について、以下
の構成でご紹介いたします。

– 「Sphinx」基礎、既存の他のツールとの比較
– OSSの話, コミュニティの成り立ち
– 利用例 (ドキュメント、サイト構築、設計書、他)
– デモ, 応用例, サンプル紹介, 拡張の紹介 など
– ビジネスユースの事例
– コミュニティでの今後の取り組み

ドキュメント作りが楽しくなると、ソフトウェア開発や運用はきっともっと
ずっと楽しくなります。
そしてこの勉強会で、「Sphinx」の先に「Webの未来」をきっと感じること
ができるでしょう。

対象者:
様々な形式に加工できる定番のドキュメンテーションツールを探している方。
テキストベースで書いた仕様書などを納品物に使える形式に変換できるツール
を探している方。
ドキュメントをどんどん書きたくなる環境を体験したい方。

会場へのアクセス:
交通:
JR 総武線 (各駅停車・快速) 錦糸町駅 南口より徒歩約1分
東京メトロ 半蔵門線 錦糸町駅 1番出口より徒歩約1分
地図: すみだ産業会館の案内を参照してください。
http://www.sumidasangyokaikan.jp/info/index.html
(丸井デパートの内のエレベータで 9Fまでお越しください)

問い合わせ先: 日本UNIXユーザ会
E-mail: office@jus.or.jp

Comments are closed.